過去のエントリでも紹介した「エンデの警鐘 地域通貨の希望と銀行の未来」を読み終えた。さっそく前作にあたる「エンデの遺言 根源からお金を問うこと」も読んでしまった。

エンデの遺言「根源からお金を問うこと」
河邑厚徳+グループ現代 NHK出版
CIMG0107

エンデの警鐘「地域通貨の希望と銀行の未来」
坂本龍一+河邑厚徳 NHK出版
CIMG0108

これらの本では実際に地域通貨を実践している例が国内外多数紹介されているのですが、地元千葉市の「ピーナッツ」という地域通貨も紹介されていて先日偶然ブログを拝見しました。

地域通貨を始めたい方に(通貨千夜一夜物語)

http://blog.goo.ne.jp/lets-peanuts

最近のエントリではやはり震災の復興について書かれており、非常に興味深いので是非ごらんになってみてください。

さて、震災以降できるだけ日出に合わせて起床、活動するよう頑張っています(完璧ではありませんが)。いまは出勤までの時間を読書に充てたり、このようにブログの更新に充てたりしています。朝ってなぜか時間が短く感じられます。それでは今日も「行ってきまーす」