風の歌を聴け

自然のチカラを借りてちょこっとだけ楽しませてもらう・・・
そんな生き方めざしてマス。
それをウィンドサーフィン、マウンテンバイク、
そしてバックカントリー(スキー)
で表現している二児のオヤジライダーです。

カブトムシ

クワガタ・カブトムシ採集2012〔Movie〕

はやくも今年の総集編動画?


クワガタ・カブトムシ採集2012〔第4回〕

前回取れなかった大型のノコギリクワガタを捕えるべく、また出掛けてしましました。今回も息子が一緒でしたが、不覚にも寝坊してしまい、家を五時半過ぎに出発です。

日曜日だし、先行者がいるだろうなーと期待薄で現地到着でしたが、かるーくルッキング採集をしてみると、いましたいました。お父さんよりも、息子のほうが大活躍でのこの成果でした
CIMG2501

カブトムシと比べるとノコギリクワガタの型の良さが分ります。60mm超が2匹採れました。このくらいのサイズになると迫力あります。最近はクワガタの♀や小型のものは逃がして持ち帰りません。

クワガタ・カブトムシ採集2012〔第3回〕

またまた息子とふたりでクワガタ・カブトムシ採集に行きました。気合を少しいれて、早朝4時に家を出発です。まだあたりはうす暗く、いかにも大漁の予感が漂います。
167
さっそくフィールドに着くなり、前回成果のよかったエリアで蹴り採集開始!「ボトボトボト・・・」勢いよく甲虫らしき物体が落下します。しかし、まだ微妙に暗くて落下した物体を捉えることができません(笑)ルッキング採集に切り替えます。
 
CIMG2474すると、息子が早速カブトムシ♂を発見!虫取り網でなんなくゲットです。





CIMG2476今度はノコギリクワガタ♂
明るくなってきたので再び蹴り採集! つぎつぎに良型の獲物をゲットしていきます。 



今日もノコギリクワガタをたくさんゲットできました。カブト虫祭りはまだのようです。

クワガタ・カブトムシ採集2012〔第2回〕

今シーズン2回目の採集です。平日なので私ひとりで行ってきました。前回かたっぱしから蹴りを入れて(クヌギ約30本に60回以上のフルパワーキック!)、股関節がおかしくなってしまいましたので、今回は「ゴムハンマーでこんこん」作戦です。確実にクワガタらしき物体が落下するのですが、「見張り役」がいないため、回収率が悪いです。小学生でも貴重な戦力だなあと改めて感じました。

それでも、大人の意地で前回の成果を上回りました!

・ノコギリクワガタ ♂大2頭 中4頭 小3頭 ♀1頭 (大型は60mm以上)
・カブトムシ ♂1頭 ♀2頭

今回はカブトムシもゲットできました!そろそろカブ祭りの時期でしょうか

<フィールド選びについて>
どんな木にクワガタ・カブトムシが集まるかは皆さんも良くご存じかと思います。落葉広葉樹のクヌギ、コナラなどが代表格ですね。ただし、クヌギならどんな木でもいいかというとそうでもないことは経験されている人も多いのではないでしょうか。昆虫図鑑やインターネットで見られるような、「樹液ダラダラで虫いっぱい!」的な木はそう滅多にありません(私も実際に見たことありません)。仮にあったとしても、高所で下草ぼうぼうでは虫は捕れません。

じつは意外とこんな木にいるのか!というような場所があります。それはクヌギの若木が群生している場所です。我々がいつも行くフィールドもそんな場所です。若木は樹高も高くないので林内も比較的明るく、ぱっと見た感じでは樹液ダラダラな木は一本もありませんので見落とされがちです。しかしながら小径木なので蹴り採集(実際はゴムハンマーこつこつ)にもってこいですし、下草の手入れがされていればよりベターです。

もしフィールドが私有地(大抵そうですが)で管理者と連絡が取れるのでしたら、シーズン前に下草刈りのボランティアをすると良いでしょう。また自治体が音頭をとって森林ボランティアをしていたりするケースもあるので、お住まいの地域で調べてみてもよいかと思います。


時刻:5:30~6:30 天候:晴れ (千葉市某所)

クワガタ・カブトムシ採集2012〔第1回〕

約2年ぶりに、クワガタ・カブトムシ採集に出掛けました。今年は上の子が小学生になったので、できるだけ一緒に連れて行こうと思い、なるべく危険のない採集を心がけています。親子で採集したい場合はある程度参考になるかと思います。

まずは、装備について過去の採集経験から、だいぶ充実させました。おもなものは次のとおりです(服装は暑くても長そで長ズボン、首にタオルが前提です)。

<服装編>
①長靴(ホームセンターで2000円くらい)を履くことにしました。いつも行くフィールドは足場の悪いところはないのですが、スニーカー等で行くと下草の夜露でびしょびしょになります。また夏場は蒸れますので、5本指ソックスも合わせて調達しました(効果・・・★★★★★)。

②園芸用手袋(ホームセンターで200円くらい)を軍手に変えて使ってみました。いちいち外さなくてもデジカメ操作等の細かい作業ができます。ただし、蒸れ対策で手の甲部分が薄く、ここから蚊に刺されました(効果・・・★★☆☆☆)

③かぶり網?(キャンプ用品で500円くらい)。頭の上からすっぽり網をかぶり、虫さされから顔を保護します。多少視界が悪くなりますが、慣れれば問題ないレベルです(効果・・・★★★★☆)

<捕獲用品編>
①虫取り網(ホームセンターで1000円くらい)。ちょっとしっかりめの物を選んでみました。いつも行くフィールドではほとんど出番はありませんが、お守りのような物です。子どもに持たせておくと、テンションが上がりますし荷物になりません。また他人からも不審者に見られないというメリットがあります(効果・・・★★★☆☆)

②ゴムハンマー。とくにクワガタは蹴り採集がメインになりますが、実はそんなに大きな衝撃は必要なく、ゴムハンマーでも十分だと分ってきました(大きな木槌などは木が痛む恐れがありますし、うるさいので絶対にやめましょう)。そもそも全ての木を蹴るのは体力が持ちませんので、これは!という木だけ足で蹴るようにしています(効果・・・★★★★☆)

③作業シート。木の根元に敷いて落下したクワガタを受け止めようとしましたが、うまいことシートの上に落ちたことはありません。しかも最初はこまめに敷くのですが、そのうち面倒になります。落下したクワガタを根こそぎ捕らないのは「大人」ということで(効果・・・★☆☆☆☆)。

<その他>
①ハッカ油。手作りの虫よけです(詳しい作り方はググってください)。クワカブ採集ではいかに長くフィールドで活動できるかが成果にかかわります。やぶ蚊対策で虫よけ剤を使うと思いますが、子どもへの影響を考えて天然成分のものにしました。効果そのものは市販品に劣りますがなにより経済的です(効果・・・★★★☆☆)

肝心の成果ですが
・ノコギリクワガタ ♂中3頭 小2頭 ♀2頭
・コクワガタ ♂1頭 (子どもが捕まえました!)

他にカブトムシ♂1頭、コクワガタ♂1頭が観察できました。

時刻:5:00~6:00 天候:晴 (千葉市某所)
続きを読む

   

  
最新コメント
最新トラックバック

   

   
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ